"女城主"渡辺美佐子さん

女城主「渡辺美佐子さん」 “女城主”は、戦国動乱の時代に岩村城の攻防の中心人物であった遠山氏最後の城主景任(かげとう)夫人のことで、織田信長の叔母にあたります。小野稔作の歴史小説「女城主」では主人公 "お直の方”として広く知られました。「歴史の街・文化の町」岩村町のPRと活性化のため、日本三大山城の一つ、岩村城ゆかりの“女城主”を選ぶことにし、岩村町出身の下田歌子が創設した東京の実践女子学園卒業生である女優の渡辺美佐子さんに就位して頂くことに決定しました。
 そして昭和62年5月2日「女城主」就任の式典を、女城主「登城の儀式」と銘打ち盛大に挙行しました。渡辺さんは、イメージも雰囲気も「女城主」にぴったりだと町民に大きな喝采を浴びました。

 "女城主"渡辺美佐子さん リンク
      
      女城主物語
      
岩村城跡
      
下田歌子


 お問い合わせ先

ふれあいの舘内 観光協会事務局
TEL 0573-43-3231
メールアドレス
 kankou43@fureai.enat.jp

TOPページヘ